風俗嬢が美人すぎてノックダウンしたときの体験談です!

冬のデリヘルの魅力を語る

四季を通じて楽しい風俗ですが、僕的にはやはり冬がベストです。女の子とのイチャイチャコミュニケーションはやはり、外が寒くて中が暖かい部屋がマッチしますし、彼女達も夏よりも脳負うなサービスを届けてくれる気がしてなりません。ですが肩を丸めて寒い中、風俗店街まで足を運ぶのが億劫なのも事実です。これが居酒屋の暖簾を潜るのであれば、まだ自然な感じですが、時に雪がちらつく中をエッチ目的に店を物色するとなると、格好つける必要こそありませんが、何となく自分の姿が恥ずかしく思えてしまうのです。そんな妙な拘りが拭えない僕のお気に入りは、スマートにホテルで合流からサービスを満喫できるデリヘルです。部屋で待っていれば、デリヘル嬢が白い息を吐きながらl、これから僕とエッチな事をするために、わざわざ訪ねて来てくれるシチュエーションを想うだけでも、早くも下半身に血液が集中じ始めてしまいます。そんなこんなの理由で、僕的にはデリヘルは冬がベストですが、勿論春も夏も秋も、それぞれに趣があるので・・・そういう事です。

二代目社長としての決意とデリヘル

急逝した親父を継ぐ形で、小さな町工場の経営者となって数年が経過しました。最初は二代目の私に対する反発も露骨だった、ずっと年上の社員の方々からもようやく認められたらしく、勿論組織としての人間関係の摩擦などはありますが、トータルすれば上手く稼働していると思ってい当初は孤立感が大きなプレッシャーで、風俗でストレス発散を試みた事もありましたが、風俗通いを社員に知られたなら、それこそ何を言われるか分からないとの恐怖感から、それも程無く立ち消え状態となっていました。そんな私が最近、今では精神的に余裕を持って楽しんでいるのがデリヘルです。男だらけの狭い職場環境とは真逆の、ホテルでのデリヘル嬢との甘美なひとときは、何より世の女性という存在の素晴らしさを再確認から堪能出来ますね。残念ながら社員の方々をデリヘルにお連れするだけの余裕も、人としての度量もありませんが、みなさんにもデリヘルを始め、風俗を余裕を持って楽しんでもらえるだけの給料が支払えるよう、会社を守り大きくして行きたいと思っています。

投稿日:2017年11月22日