風俗嬢が美人すぎてノックダウンしたときの体験談です!

お堅い仕事だからこそ

ポーズを決める女性
世間様が「お堅い仕事」のカテゴリに捉える職業は色々ありますが、間違いなく私はそんな中でも、絶対に風俗などとは無縁と言うか、接点を持ってはならない人種だと決めつけられがちな立ち位置です。ですが世の中で合法的にサービスの提供が認められているジャンルを、単に風俗と一括りで称しているだけだと思えば、成人男性の誰もが利用する権利が有るハズだと確信しています。それでも周囲の視線が私を捉え、それが尾ひれ付きの噂話となって拡散すれば、悲しいかな窮地に陥ってしまうリスクが避けられないのも現実です。ですから消去法で私が細心の注意を払って唯一楽しんでいるのがデリヘルです。たまには風俗行こうよとそそのかされ遊んでいますが地元からは遠く離れた街まで移動から、デリヘル店選びにも慎重を期し、ホテルの出入りにも注意を払っていますが、逆にこれが不自然な挙動と映れば本末転倒です。そんな苦労をしてでもデリヘルとはサヨナラするつもりはありません。その理由は体験者のみなさんに、今更語るまでも無い、それこそ釈迦に説法でしょう。

故郷経由再び都会からの決意のデリヘル

リストラ通告から悲しいかな、長年住み慣れた都会を離れ、この歳になって高齢の親元に身を寄せざるをえなくなった私に対し、田舎町の古株の住人達の視線は想像以上に辛く、何より両親に申し訳無い思いばかりが募っています。バブル期には風俗店の名刺やカードを高層ビルみたく積み上げ、毎晩飲んで食って風俗的な毎日だった当時を思えば、なるほど「人生はチャラだ」と自身を諭すしかありません。求人情報も少ない地方に五十手前の男が働ける場所も無く、親に今度こそ最後の最後だと頭を床につけてお金を工面してもらい、再び都会に戻って来ました。奇跡的に何とか仕事にありつき住まいも確保から必死に頑張った結果、少しずつですが生活にも余裕が感じられ始めました。決して有頂天になったつもりはありませんが、そんな自分のリスタートだと、超久々にかつて大好きだったデリヘルを楽しんでみましたが、デリヘル嬢のご奉仕の優しさに涙ぐんでしまい、何とも困った空間となってしまいました。それでも流石はプロの彼女、おそらく全てを察してくれたのか、変わらぬ対応が嬉しくて・・・思い出せば目頭が熱くなってしまいます。